最新の専門学校情報まとめ

動物専門学校でのトリミング実習

動物専門学校でのトリミング実習 動物専門学校では、トリマーを目指すことのできるコースがあり、トリマーに必要な技術を習得することが可能です。
動物専門学校では、耳掃除や爪切りなどのケアからシャンプー、ドライング、カット、仕上げなどのグルーミングなどトリミングに必要な技術だけではなく、犬の体を揉みほぐすことのできるエステ演習や爪を守るためのネイル、カラーリングやヘアアレンジ方法なども学ぶことができます。
ほとんどの動物専門学校では一人一頭で実習が可能となっており、カットモデルとなる犬はトイプードルやシーズー、ポメラニアンなどの小型犬から、ウェスティーやコッカー・スパニエルなどの中型犬、ボルゾイやバーニーズマウンテンドッグなどの大型犬までいろいろな犬が用意されているため犬種によって異なる技術をマスターできるようにカリキュラムが組まれています。
また、近年人気になっているペットエステティシャンとしての技術も手に入られるようになっています。

セラピー犬を育てられる動物専門学校について

セラピー犬を育てられる動物専門学校について 動物に触れ合うことによって心が落ちたついたり、ストレスが軽減される効果があります。
それをアニマルセラピーと言います。
動物専門学校では、そんなセラピー犬を育てるとともに、自分自身もそんな犬を育てられるようになるコースがあります。
動物専門学校では、犬を育てながら人への接し方などを学ぶことができ、介護施設への訪問活動や子供たちと犬を介して触れ合えるようになります。
このコースで学ぶことによってアニマルセラピストを始め、介助犬訓練士や家庭犬訓練士、介護福祉士、ペットショップやホテルスタッフなどを目指せます。
授業内容は様々なことを学ぶ必要があり、犬の気持ちを読み取ったり、適切な指示の出し方や褒め方、遊び方のトレーニングの基礎技術から、実際に介護施設に行って訓練をしたり、自分自身も介護の知識を身につけて人への接し方を学んできます。
このような授業を受けることによって、犬とともに介護の現場でも働けるようになります。