最新の専門学校情報まとめ

動物専門学校卒業までの総額

動物専門学校卒業までの総額 動物専門学校に通うとブリーダーや水族館、動物園のスタッフ、ペットショップの店員やトリマー、動物病院の看護士などへの道が開けますが、気になるのはどのくらいお金が必要になるかということです。卒業までには総額にして金額はいくらかかるのでしょうか。動物専門学校の授業料は1学年で100万円前後の学校が多いです。たいていが2年制になっているので、授業料の合計は200万円前後になります。その他に必要になるお金は入学金が20万円前後、教材費や実習費などが1年で20万円前後です。

授業料以外に学習に必要になるお金はざっと60万円ほどが必須と考えておくと間違いないです。なので、卒業までにかかる総額は200万円+60万円で260万円ほどです。ちなみに動物専門学校に入る前には、受験費用も必要で一般的には3万円前後を納めなければなりません。1年辺りの金額は、普通の4年制の私大と同じかちょっと高いくらいだと言えるでしょう。

動物専門学校で道具の正しい使い方を学んで事故を防ぐ

動物専門学校で道具の正しい使い方を学んで事故を防ぐ 飼育員や訓練士やトリマーなど様々な職業を目指せる動物専門学校では、動物との正しい接し方を教えるだけでなく、道具の間違った使い方をしないための指導が徹底されています。グルーミングで使われる器具の使い方を少し間違えるだけで、動物たちを怪我させてしまう可能性もあるるので、間違った使い方を覚えないように細心の注意を払っているのが特徴です。授業内容を聞き逃さないように生徒にしっかりとメモを取ってもらい、ハサミの手入れや管理の方法なども指導されています。

仕事で使う大事な道具を紛失した時の対処法や、紛失しないための工夫なども教えてもらえるのが動物専門学校の魅力です。正しくない知識を記憶したまま就職してしまうと、仕事中に大失敗をして職場にも迷惑をかける事になりかねません。失敗を防ぐための知識を何度も教えてくれる動物専門学校を頼って、トリマーや飼育員などのスキルを高めて、自信を持って仕事を始める事をおすすめします。